テレビを壁掛けにしたい ポールを使うメリットとは

テレビを壁掛けにすると部屋が広く使えるようになり、見た目にもすっきりします。小さい子供やペットがいて埃がたちやすい家には掃除がしやすくなります。壁掛けの方法には様々なものがありますが、その中でもポールを使う場合のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
ポールを使ってテレビを壁掛けにする場合は突っ張り棒を天井と床の間に入れることになります。これは壁にねじやくぎを打ち込む必要がないため、賃貸住宅で退去の時に原状回復をしなければならない住居や、新築で柱や壁に傷をつけたくないという人にぴったりの方法であり、ポールを使ってテレビを壁掛けにする上で一番のメリットともいえるものです。通常の壁に器具を取り付けるスペースがなければテレビを設置することができないため、壁や部屋のコーナーには壁掛けテレビを取り付けることが難しくなってしまいます。しかしポールならば立てるスペースさえあればどこにでも好きなところに設置することができるため、窓の前やデッドスペースになりがちな部屋の隅などにも設置することができるため部屋を機能的に使うことができます。壁に取り付けてしまうタイプではソファの位置などを変えたいと思ったらもう一度壁に穴を開けなくてはいけなくなるので部屋の模様替えが難しくなってしまいます。部屋の模様替えをしてテレビの位置を変えたくなった時にもポールを移動させるだけで済むため、手軽に自分の好きなインテリアに模様替えすることができます。

Just another WordPress site