テレビの壁掛けに必要な道具とは?

電化製品は時代と共に進化を遂げています。その中でもテレビの進化は目覚ましいものがあります。白黒からはカラーテレビへと進化を遂げブラウン管から液晶へと移行していきました。その結果、大型画面で薄型かつ軽量のテレビが、お手頃な値段で購入できる時代になってきたのです。
この薄型で軽量のものが開発されたことで、わざわざ台の上に設置しなくても、壁掛けで設置が出来るようになりました。近年のものはどのメーカーでも壁にかけれるように作られており、簡単に対応できるようになったのです。壁掛けにするメリットとはどのようなことでしょうか。一番に挙げられることとしてはスペースの有効活用が出来ることでしょう。テレビ台を使用していた時代は、部屋の大切な床面積をその為に占有していました。壁にかけることで、その下のスペースは別の用途でも有効に活用が出来ます。また、工事は必要ですが、壁掛けにすることで壁の中に電気コード類を入れてしまうことで配線を見えなくすることも出来ます。見かけもすっきりしますし、オシャレに部屋をコーディネートできます。
自分でテレビを壁掛けにする時に必要な道具はどのようなものがあるでしょうか。壁掛けにするためにはテレビの背面と設置する壁の場所に、それぞれに専用の金具を取り付ける必要があります。メーカー純正品もありますが、それ以外のものでもさまざまな種類のものが販売されています。まずはその金具の準備が必要です。金具を固定するネジを巻くためのドライバーや壁に穴をあける為のドリル、設置個所を決める時に長さを測るメジャーや決めた場所の目印にするテープなども必要になります。

Just another WordPress site