テレビを自分で壁掛けする時の注意点

一家に一台どころか、一家に複数台の薄型テレビがあるのが当たり前になった現在。その薄さもどんどん進化しているので、壁掛けも容易にできるようになりました。テレビを壁に設置する場合、業者に頼んだ方がスムーズに事が運びますから楽ですが、DIYが得意な人や、あまり家の中に業者を入れたくない場合は自分で行うことも可能です。
自分で壁掛けを行う場合の注意点は、テレビを設置する時の高さです。ほとんどの場合、テレビを見る時には床やソファに座った状態で見ることになります。わざわざ立って見る人はいないでしょう。しかし、自分で壁掛けを行う場合はそのことを忘れてしまいがちです。高いところを長時間見上げていると、首にも負担がかかりますから、座って試聴してみた時に、やや高いなと思った場合は、目線に近い高坂、それよりも少し下の部分を意識して、必ず再設置しましょう。
もう一つの注意点ですが、液晶テレビは確かに薄くはなってきたものの、やはり一定の厚みはあります。ですから、実際に壁掛けをした時に想定外のせり出しがあって、生活に不便なところが出る場合があります。他の家具の邪魔になったり、ドアの開け閉めの邪魔にならないか、事前にシミュレーションをするようにすると、このようなミスは防げます。
工夫をすれば、壁掛けテレビごとおしゃれなインテリアとして、部屋の中を演出できます。部品は入手しやすいですし、部屋のスペースも広くなるなどのメリットがありますから、上手に設置したいものですね。

Just another WordPress site