賃貸住宅でもテレビを壁掛けにする方法

テレビが壁掛けになっていれば、それだけで部屋の中がおしゃれな雰囲気になります。また、テレビ台も不要になるためそれだけスペースも広くなり、部屋を有効に使えるというメリットがあります。しかし、壁掛けにするためには器具を壁に取り付けるための穴をあけなければならず、退去の際に原状回復が基本となる賃貸住宅ではなかなか出来る事ではない、と諦めている人も少なくありません。しかし、たとえ賃貸住宅であっても壁掛けテレビにする方法はあるのです。
方法としては、木材を購入してきて天井と床の間に立て、その木材に器具を設置してテレビを壁掛けにする方法があります。木材を天井と床の長さに着る事さえできれば、後は壁掛け用の器具とねじなどで取りつけるだけです。難しい作業ではないのでDIYをやっている人にとってはとても簡単にできるもので、材料の購入から設置まで行っても1日もかからずにやってしまうことができます。しかしそれなりの器具を持っていなければ制作することは出来なかったり、木材の購入を行うのも難しいという人もいます。そんな時には壁掛けテレビ用のポールやテレビボードを購入すれば後は組み立てるだけです。DIYするよりも費用は掛かってしまうかもしれませんが、しっかりとした商品ならば素人が自作したものよりも安心して利用することができます。
これらの方法ならば賃貸住宅でも部屋を傷めることなくテレビを壁掛けにすることが可能になります。
テレビはもはやどの家庭でも一般的に見られる家電製品ですが、液晶画面の進歩により、ブラウン管時代では考えられなかった様な大型の物が手頃な価格で手に入るようになってきています。
しかし、大型のテレビを設置するとなると、AVラックなども大きな物が必要になりますし、それを部屋に置くとどうしても場所をとってしまいます。
そこでテレビを壁掛けで設置することで、部屋のスペースを有効に活用できるようになります。
テレビの壁掛けは、各メーカーの製品に合わせて専用の金具が必要になり、製品に合ったものを使用しないと落下などの事故に繋がる事もあります。
自分でDIYをして壁掛けの加工をする人もいますが、あまり知識がない状態でこういった作業を行うのは時として危険な事もあります。
特に専用の金具を用意せずに、自作の金具などで取り付けを行うと、テレビの落下だけでなく、機器にキズが付いたり壁などを破損してしまうこともあります。
自分で作業を安全に行うのであれば、やはり専用の金具を用意するのが最も確実です。また、それと同時に忘れてはならないのが壁の強度や下地の位置を予め調べておくことです。
もし壁の強度に不安がある時や、賃貸などで壁にキズをつけることが出来ない場合には天井と床を利用した突っ張り型のテレビスタンドを利用するというのも良い方法です。
また、取り付ける際には角度や位置の微調整ができるものを選んでおくと、設置後でも使い勝手に合わせた調整ができるので便利です。

オススメサイト/貯蓄/主婦の在宅ワーク/アフィリエイト相互リンク/クレジットカードの即日発行じゃけん/お家の見直ししま専科/健康マニアによる無病ライフ/驚愕頭部/女性の人生/ショッピングカート/ショッピングカート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Just another WordPress site